タイの仕事をお探しですか?

タイに住むことに興味がある場合は、自分らしい生活を維持するためにも、決めた国で自分で仕事を見つけることが重要です。場合によってはその国に留まるために法的要件を満たす必要があるでしょう。外国に移住して働くという考えは魅力的ですが、適切な計画と準備が必要です。 あなたが海外に住むことに興味があるなら、あなたは完全にそのアイデアにコミットし、リサーチを行い、履歴書に磨きをかける必要があります。 アップデートした履歴書とオンラインプロフィールを準備したら、海外であなたの夢の仕事につくための私が提案する5つのアドバイスを確認してみましょう。
アドバイス1:就職説明会やイベントに参加する
あなたが就職説明会に行くことを推奨しています。 これらのイベントでは、あなたは雇用者や採用担当者と直接つながることができます。 また、海外求人向けウェビナー、キャリアフェアや、あなたの住んでいる近くで行われるイベントなどの情報収集のためFacebookやLinkedInのフィードもチェックしましょう。毎年ニューデリーのプラガティ・マイダンで開催される外国人就職説明会やエクスポが大変おすすめしています。
アドバイス2:プロの就職コンサルタントにアプローチ
海外に就職するには、専門のコンサルタントの助けを借りることもできます。 専門のコンサルタントは、素晴らしいサポートと指導を提供しますが、その価格は高額ではあります。(と、いってもキャリアリンクタイランドなど多くの日系人材紹介会社の場合は企業が支払うので無料です) ただし、偽の海外人材募集会社には注意が必要です。 有料サービス勧誘のためにあなたに夢中になったと装ってかけてくる電話には気をつけましょう。
アドバイス3:友人や家族とのネットワークは、タイで良い仕事を見つけるベストな道
友人や家族の社内紹介ほど、タイで就職するのに近道な便利な方法はないと考えています。
アドバイス4:有名な求人情報サイトでタイの求人情報を検索しましょう
あなたが持っているスキルに関連した求人情報を選択しましょう。 あなたが特定の外国語に堪能であれば、あなたの履歴書に明確に記載しましょう。
アドバイス5:学生が就職率を上げるには選んだ国で修士号を取りましょう。
あなたが選んだ国に入国し、働く為の簡単な道は、修士号です。 学位があればあなたはより雇用されやすくなり、仕事を選びやすくします。

投稿者プロフィール

Massababy
Massababy

タイ在住歴3年以上。海外渡航経験は高校時代に修学旅行でオーストラリアのみ。英語も話せず、コネもなくタイで就職して3年が経ちました。今は、フォワーダーと呼ばれる流通関係の仕事をしています。タイ生活のことや仕事関係の情報を書いていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です