タイ、インフラ整備に投資

タイはその戦略的に重要な地理的位置において、貿易、投資、観光だけでなく、世界中の他の地域とつながる通信ネットワークや輸送ネットワークにおいても、主要な地域経済の拠点となるための十分な利点を提供できます。政府は近年、国内インフラへの投資を最優先課題としてきました。
2017年のタイのインフラ整備アクション計画は、252億米ドルの価値があり、鉄道、道路、航空輸送、全国の港湾を含む36のプロジェクトが含まれています。政府はインフラ投資の代替案として、10月にタイ・フューチャー・ファンドの投資ユニットの売却を開始する予定です。 これは、大規模な国家基盤プロジェクトの建設のために国民からの流動性を高める方法です。ユニットの売り上げは、11億ドルの収益が見込まれています。
産業省は昨今、タイ東部経済回廊(EEC)が、空港拡張、新しい鉄道や都市、港湾開発、近代産業の発達などのインフラプロジェクトへの投資が今後5年間で430億ドルに達すると予測していることを明らかにしました。
インフラ整備の成功を支援するために、政府は真の価値の高い投資を生み出すため、壁、規則、規制の排除や、EECへの投資を促進するワンストップ・サービスなど、完全なサポートを提供しています。タイ投資委員会(BOI)は、最高15年間の法人タックスホリデーや、機械および原材料の輸入関税の免除、役員、専門家および研究者の17%の個人所得税の控除、R&D、イノーベーションや人材育成などの投資のための助成金、広告事業のための土地所有権、事業運営を円滑にするワンストップサービスも含め、魅力的な特権を提供します。

相互輸送ルートの包括的なネットワークの急速な発展は、国内輸送と国境を越えた輸送の急速な需要に対応します。政府機関は、バンコクのグレーター・バンコク、高速道路、複線線路、および全国の高速鉄道プロジェクトを通じて、いくつかの新しい大量輸送ルートと高速道路システムの入札を呼びかけようとしています。
首相プラユット・チャンオチャはバンコクとナコンラチャシマの東北地方をつなぐ計画で、タイ、中国間高速鉄道の公的支援のために個人的に呼びかけを行っています。この鉄道は、「一帯一路」計画である広大なインフラ整備の一部で、中国とタイの共同作業の一環として、ラオスの中国高速列車との接続が構想されています。
もう一つの高速鉄道プロジェクトとしては、東経済回廊とスワンナプーム、ドンムアン、ウタパオ国際空港をつなぐ、193.5kmものバンコクからラヨンにかけての高速列車プロジェクトがあり、現在、事前調査と公共民間の合資会社(PPP)の準備を行っています。
タイの他の地域では、バンコク – ホアヒン高速鉄道とプーケットの大型輸送高速モノレールシステムが現在実現可能性について評価されています。

投稿者プロフィール

Massababy
Massababy

タイ在住歴3年以上。海外渡航経験は高校時代に修学旅行でオーストラリアのみ。英語も話せず、コネもなくタイで就職して3年が経ちました。今は、フォワーダーと呼ばれる流通関係の仕事をしています。タイ生活のことや仕事関係の情報を書いていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です